ぬぁーメモ

メガゲンガー好き

【ダブル】リザバンギバレル

f:id:nuaaaaa:20150414052457j:plain

今回は自分がxy終盤からORAS初期に使っていたリザバンギバレルの動かし方を紹介する。メガリザードンY,陽気最速ラムバンギ、ゴツメモロバレル

f:id:nuaaaaa:20150416034032g:plainf:id:nuaaaaa:20150416100038g:plain           f:id:nuaaaaa:20150416090328g:plain

1この並びを使っていた理由

①雨に勝ちやすい

②ガルキザンアローに立ち回りやすい

2対雨

 初手リザバンギから出す例を紹介する。これ限定ではないがすべてを紹介には無理がある。

代表例:vsトノラグ

f:id:nuaaaaa:20150416044859g:plainf:id:nuaaaaa:20150416045017g:plain

トノの特性とバンギの特性の表示を見る。

・トノが早かった場合

スカーフを疑い、スカーフ雨乞いを警戒しなければいけない。トノがスカーフの場合相手はトノで雨乞い+ラグは守らずにリザに滝登りなので、バンギをバレルにバック、リザはメガして守っていい。このあとはお互い実質一匹捨てることになるが、バレルリザバンギを残した状態でトノラグどちらか眠るので、基本的に勝てる。

・バンギの方が早かった場合

リザはメガしてラグにソラビ。ラグにソラビ打たずしてラグに雪崩で倒されて文句を言う資格はないからだ。ラグはいったんメガして守りたいと思うので、おそらく居座り。トノが熱湯打つ程度では相手苦しいので、天候を取り直すために相手トノを霊獣ボルトあたりに引きつつラグ守るのが有力。バンギは舞う。天候、晴れ。

次のターンラグか霊獣ボルトをトノに引きながら、天候を取ってくるためリザをバレルにバック。ボルトがスカーフだった場合草結びか気合玉をバンギに打ってくるのでバンギはいったん守る。以下、天候権を握りながら舞バンギとバレルで圧力をかけて勝ち。対雨としてはあと一匹はランドロスサザンドラあたり控えておけばいいと思う。

3対ガルキザンアロー

f:id:nuaaaaa:20150416033000g:plain                   f:id:nuaaaaa:20150416084713g:plain              f:id:nuaaaaa:20150416100307g:plain

代表例:リザバンギvsガルキザン

裏はこちらがランドバレル、相手がアローヒードラン(ランド)ぐらい想定で良い。

選択肢①リザバンギ両方動かす

どちらに猫飛んできてもいいように両方動かす。バンギはキザンを抜くため最速けたぐり個体でなければならない。キザンが襷の場合、アイヘはバンギ耐えるので大きくアドを取られることはない。なお、リザは最速90族抜きにするか、陽気捨身耐えの個体どちらかでなければこの初手の選択はおすすめしない。なお陽気最速けたぐりキザンに倒されたことがある。

選択肢②リザのみ守る

相手からするとリザに動かれるとまずいからリザに猫でしょ、と割り切った選択。猫騙しのダメージを回避するメリットと、バンギにけたぐり飛んできた場合に受ける被害を考慮した場合、この選択は個人的に取る気がしない。

選択肢③リザをバレルにバック、バンギ守る

割と安定。ただし、相手がリザに猫を打っている場合、横のキザンはランドあたりにひく可能性もあるので、バンギに威嚇が入った状態でのバンギバレルvsガルーラランドになってしまう。

選択肢④バンギをバレルにバック、リザ守る

次のターンリザバレルvsガルキザンで粉熱風を見せて相手に圧力をかける意図。ただし裏からヒードランが来るのが目に見えるので、バレルとの相性も考えて交代読みめざ地を打つ選択も頭に入れるくらいの感覚じゃないといけない。リザバンギバレルはヒードランに身代わりを貼られつつ横にガルーラ置かれるとどうしようもなくなるため。推奨できない。

 

4最後に

今環境に多いランドリザテラキみたいな並びに初動で圧倒的に弱いため、使うことを諦めた。リザ+岩格闘の攻撃範囲が優秀ではあるが、エルテラゲンガーリザードンの形の下位互換となってしまった感は否めない。しかし、環境に多い3匹に対して、回しやすい3匹を用意して初手対面の選択をあらかじめ決めておき、あとを補完で組むというスタイルは自分の中で一貫している。択を押し付けるのではなく、択の面倒を見ることを徹底していきたいと自分は思っている。